コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県島尻郡八重瀬町 やえせ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕八重瀬〈町〉(やえせ〈ちょう〉)


沖縄県にある町。沖縄本島南部、糸満市の東に位置し、太平洋に面する。島尻(しまじり)郡
2006年(平成18)、島尻郡の東風平(こちんだ)町、具志頭村(ぐしかみそん)が合併して成立。サトウキビ・葉タバコ・野菜・マンゴー栽培と畜産が盛ん。工芸的な建材の、粟石(あわいし)を特産する。那覇(なは)市の通勤圏でベッドタウンになっている。第二次世界大戦末期の激戦地のひとつで、糸満市摩文仁(まぶに)地区に続く断崖海岸は沖縄戦跡国定公園に指定。アメリカ軍に追い詰められた住民の多くが身を投げた慶座絶壁(ぎーざばんた)には、散策路が設けられている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄県島尻郡八重瀬町の関連情報