沖縄県島尻郡北大東村(読み)きただいとう〈そん〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕北大東〈村〉(きただいとう〈そん〉)


沖縄県にある村。沖縄本島東方沖約360kmに浮かぶ北大東島沖大東島(ラサ島)からなる。島尻(しまじり)郡
かつては無人島。明治末期に開拓され、製糖会社の土地占有下でサトウキビの単作栽培が行われた。大正期から第二次世界大戦まではリン鉱を産出。1964年(昭和39)村民の土地所有権が認定された。機械化による大規模なサトウキビ栽培が盛ん。近年はジャガイモ等も生産。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android