コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県島尻郡南大東村(読み)みなみだいとう〈そん〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕南大東〈村〉(みなみだいとう〈そん〉)


沖縄県にある村。沖縄本島東方約390kmにある南大東島からなる。島尻(しまじり)郡
1885年(明治18)日本領の国標が建てられ、1900年(明治33)から開拓に着手。長く製糖会社の土地占有下でサトウキビの単作栽培を行った。1964年(昭和39)訴訟の結果、村民に土地所有権が認定された。現在も機械化によるサトウキビの大規模栽培を継続。製糖工場がある。南大東島東海岸植物群落、大池のオヒルギ群落は国の天然記念物に指定されている。島内には数多くの鍾乳洞があり、星野(ほしの)洞が観光客に人気。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android