コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県島尻郡南大東村 みなみだいとう〈そん〉

1件 の用語解説(沖縄県島尻郡南大東村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕南大東〈村〉(みなみだいとう〈そん〉)


沖縄県にある村。沖縄本島東方約390kmにある南大東島からなる。島尻(しまじり)郡
1885年(明治18)日本領の国標が建てられ、1900年(明治33)から開拓に着手。長く製糖会社の土地占有下でサトウキビの単作栽培を行った。1964年(昭和39)訴訟の結果、村民に土地所有権が認定された。現在も機械化によるサトウキビの大規模栽培を継続。製糖工場がある。南大東島東海岸植物群落、大池のオヒルギ群落は国の天然記念物に指定されている。島内には数多くの鍾乳洞があり、星野(ほしの)洞が観光客に人気。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄県島尻郡南大東村の関連キーワード沖縄県沖縄海岸国定公園喜屋武岬摩文仁沖縄本島漫湖沖縄電力宜野湾大東島谷茶前節

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone