コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県島尻郡南大東村 みなみだいとう〈そん〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕南大東〈村〉(みなみだいとう〈そん〉)


沖縄県にある村。沖縄本島東方約390kmにある南大東島からなる。島尻(しまじり)郡
1885年(明治18)日本領の国標が建てられ、1900年(明治33)から開拓に着手。長く製糖会社の土地占有下でサトウキビの単作栽培を行った。1964年(昭和39)訴訟の結果、村民に土地所有権が認定された。現在も機械化によるサトウキビの大規模栽培を継続。製糖工場がある。南大東島東海岸植物群落、大池のオヒルギ群落は国の天然記念物に指定されている。島内には数多くの鍾乳洞があり、星野(ほしの)洞が観光客に人気。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

沖縄県島尻郡南大東村の関連キーワード沖縄県島尻郡南大東村池之沢沖縄県島尻郡南大東村在所沖縄県島尻郡南大東村新東沖縄県島尻郡南大東村旧東沖縄県島尻郡南大東村南沖縄県島尻郡南大東村北ふるさと文化センター南大東空港

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android