コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県島尻郡座間味村 ざまみ〈そん〉

1件 の用語解説(沖縄県島尻郡座間味村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕座間味〈村〉(ざまみ〈そん〉)


沖縄県にある村。慶良間(けらま)列島西部の有人島である座間味島・阿嘉(あか)島・慶留間(げるま)島などからなり、ほかに無人島の屋嘉比(やかび)島・安慶名敷(あげなしく)島などの島々も村域に含む。島尻(しまじり)郡
第二次世界大戦末期の激戦地のひとつで、アメリカ軍の上陸地となり、住民集団自決などの悲劇があった。戦後はカツオ遠洋漁業で繁栄。近年はマダイなどの栽培漁業への転換が進む。村全域が沖縄海岸国定公園に属し、海水浴スキューバダイビングなどの海洋レジャー基地として発展。周辺の海域はラムサール条約登録湿地となっている。慶留間島屋嘉比島阿嘉島には国指定天然記念物のケラマジカが生息する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄県島尻郡座間味村の関連キーワード沖縄海岸国定公園沖縄諸島慶良間諸島座間味島渡嘉敷島渡名喜島慶良間鹿慶良間列島宮古列島与那国[町]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄県島尻郡座間味村の関連情報