コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県島尻郡渡名喜村 となき〈そん〉

1件 の用語解説(沖縄県島尻郡渡名喜村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕渡名喜〈村〉(となき〈そん〉)


沖縄県にある村。沖縄本島、那覇市の北西58kmの洋上に浮かぶ渡名喜島と無人の入砂(いりすな)島からなる。島尻(しまじり)郡
モチキビ・島ニンジンの栽培と沿岸漁業、養豚が行われる。モチキビ・アオサが特産品。琉球王朝時代の地割り制の名残で、短冊形の畑地が残る。集落部分は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。入砂島アメリカ軍自衛隊の演習地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄県島尻郡渡名喜村の関連キーワード沖縄本島漫湖沖縄県立芸術大学沖縄県立看護大学浦添豊見城那覇空港沖縄三越那覇OPA那覇の日

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone