コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄舟状海盆(読み)おきなわしゅうじょうかいぼん

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕沖縄舟状海盆(おきなわしゅうじょうかいぼん)


南西(なんせい)諸島の北西沖に延びる海盆。幅約100km。長さ約800km。水深1000~2200m。東シナ海の大陸棚と南西諸島の島列を画する深海底。水深1000m以浅の堆(たい)・海山海丘や海底地溝が点在し、複雑な海底地形を示す。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android