コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢宏靱 さわ こうじん

美術人名辞典の解説

沢宏靱

日本画家。滋賀県生。名は日露支。西山翠嶂に師事。戦後、官展のあり方を批判して昭和23年上村松篁らと創造美術協会(現創画会)の結成に加わる。しっとりした筆致と、詩情をたたえた画風で知られる。昭和57年(1982)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android