コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村宗十郎(5世) さわむらそうじゅうろう[ごせい]

1件 の用語解説(沢村宗十郎(5世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沢村宗十郎(5世)
さわむらそうじゅうろう[ごせい]

[生]享和2(1802)
[没]嘉永6(1853)
歌舞伎俳優。屋号紀伊国屋。俳名訥子。4世沢村宗十郎の門弟。市村座芝居茶屋,泉屋の出方の子。2世沢村源之助,訥弁を経て,天保 15 (1844) 年5世を襲名。晩年5世長十郎,3世助高屋高助となる。門閥外から大名跡を継いで座頭までつとめた実力派として知られ,和事,実事を得意とした。当り役苅萱,鈴木主水,岩藤など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

沢村宗十郎(5世)の関連キーワードグエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫工場法タイソン党の乱箱館奉行労働基準法光の科学史

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone