コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村田之助(2代) さわむら たのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村田之助(2代) さわむら-たのすけ

1788-1817 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天明8年生まれ。3代沢村宗十郎の3男。寛政5年江戸中村座で初舞台。享和2年京都嵐三吉座で2代田之助を襲名し,美貌の若女方として活躍した。文化14年1月28日死去。30歳。初名は沢村鉄之助。俳名は曙山(しょざん)。屋号は紀伊国屋。
【格言など】ちる梅にまた別れ行名残かな(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沢村田之助(2代)

没年:文化14.1.28(1817.3.15)
生年天明8(1788)
江戸後期の歌舞伎役者。俳名曙山。屋号紀伊国屋。3代目沢村宗十郎の3男。寛政5(1793)年江戸中村座で沢村鉄之助の名で子役として初舞台。その後父と共に上方へ上る。享和2(1802)年2代目沢村田之助を襲名。色子から若女形となり,子供芝居で活躍する。文化3(1806)年京都南側芝居布袋屋座で大芝居に初めて出勤。3代目瀬川菊之丞風の器用な芸で若女形の花形となったが,30歳の若さで病死した。美貌の持ち主で,また舞台衣裳が見事であったという。地芸,所作,時代,世話と何でもこなす芸域の広さがあり,三都で人気が高かった。

(加藤敦子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

沢村田之助(2代)の関連キーワード沢村 田之助(4代目)沢村 田之助(5代目)沢村 宗十郎(7代目)[各個指定]芸能部門沢村宗十郎(3世)沢村田之助(6世)沢村宗十郎(3代)沢村田之助(6代)沢村宗十郎(4代)尾上芙雀(7代)処女翫浮名横櫛10月11日生写朝顔話心謎解色糸都鳥廓白浪沢村 六郎市川 筵女河竹黙阿弥8月4日矢田挿雲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android