コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村田之助(2代) さわむら たのすけ

2件 の用語解説(沢村田之助(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村田之助(2代) さわむら-たのすけ

1788-1817 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天明8年生まれ。3代沢村宗十郎の3男。寛政5年江戸中村座で初舞台。享和2年京都嵐三吉座で2代田之助を襲名し,美貌の若女方として活躍した。文化14年1月28日死去。30歳。初名は沢村鉄之助。俳名は曙山(しょざん)。屋号は紀伊国屋。
【格言など】ちる梅にまた別れ行名残かな(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沢村田之助(2代)

没年:文化14.1.28(1817.3.15)
生年:天明8(1788)
江戸後期の歌舞伎役者。俳名曙山。屋号紀伊国屋。3代目沢村宗十郎の3男。寛政5(1793)年江戸中村座で沢村鉄之助の名で子役として初舞台。その後父と共に上方へ上る。享和2(1802)年2代目沢村田之助を襲名。色子から若女形となり,子供芝居で活躍する。文化3(1806)年京都南側芝居布袋屋座で大芝居に初めて出勤。3代目瀬川菊之丞風の器用な芸で若女形の花形となったが,30歳の若さで病死した。美貌の持ち主で,また舞台衣裳が見事であったという。地芸,所作,時代,世話と何でもこなす芸域の広さがあり,三都で人気が高かった。

(加藤敦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

沢村田之助(2代)の関連キーワードサリエリ朋誠堂喜三二光格天皇沢村田之助(2代)松平信明沢村田之助沢村田之助対馬藩モンロー妙心

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone