コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村田之助(3代) さわむら たのすけ

2件 の用語解説(沢村田之助(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村田之助(3代) さわむら-たのすけ

1845-1878 幕末-明治時代の歌舞伎役者。
弘化(こうか)2年2月8日生まれ。5代沢村宗十郎の次男。安政6年江戸中村座で3代田之助を襲名。16歳で立(たて)女方となり,田之助髷(まげ),田之助襟(えり),田之助下駄(げた)が流行するほどの人気を博した。脱疽(だっそ)で両手足をなくしても舞台にでたが,明治11年7月7日狂死。34歳。初名は沢村由次郎(よしじろう)。俳名は曙山(しょざん)。屋号は紀伊国屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

沢村田之助(3代)

没年:明治11.7.7(1878)
生年:弘化2.2.8(1845.3.15)
幕末明治初期の歌舞伎役者。俳名曙山。5代目沢村宗十郎の次男として江戸に生まれる。幼名由次郎。安政6(1859)年田之助を襲名。勝ち気な性格を反映した派手な芸風で,美貌,美声の上に抜群の演技力を持ち,16歳で守田座の立女形となる異例の出世をした。また人気も絶大で,田之助髷,田之助襟などの流行を生み出したが,脱疽で両手両足を順に失い,明治5年引退を表明。その後「明烏」の浦里など,座ったまま勤める役で舞台に復帰したが,まもなく狂死した。幕末頽廃期の歌舞伎の終焉を飾る象徴的存在であり,その劇的な生涯は,舟橋聖一『田之助紅』,杉本苑子『女形の歯』,皆川博子『花闇』など数々の小説や戯曲を生んでいる。田之助の名跡は平成期の6代目におよぶ。<参考文献>伊原敏郎『明治演劇史』

(石橋健一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沢村田之助(3代)の関連キーワード大谷広次(五世)歌舞伎役者嵐璃寛(4代)市川小団次(5代)市川団蔵(7代)沢村田之助(5代)関三十郎(4代)坂東彦三郎(5代)山下金作(5代)山下金作(6代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone