コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村 貞子 サワムラ サダコ

20世紀日本人名事典の解説

沢村 貞子
サワムラ サダコ

昭和・平成期の女優,随筆家



生年
明治41(1908)年11月11日

没年
平成8(1996)年8月16日

出生地
東京市浅草区猿若町(現・東京都台東区)

本名
大橋 貞子(オオハシ テイコ)

旧姓(旧名)
加藤

学歴〔年〕
日本女子大学〔昭和4年〕中退

主な受賞名〔年〕
毎日映画コンクール助演女優賞(第11回・昭31年度)「赤線地帯」他,日本エッセイストクラブ賞(第25回)〔昭和52年〕「私の浅草」,NHK放送文化賞〔昭和55年〕,日本アカデミー賞会長特別賞(第20回 平8年度)〔平成9年〕

経歴
在学中に新築地劇団に入り、左翼思想に傾倒して啓蒙活動を続け、治安維持法違反で逮捕される。昭和9年日活に入り、「野の光」でデビュー。のち東宝を経てフリー。数多くの映画、テレビに出演し、特に脇役として多くの名演技を見せた。代表作は映画「破れ太鼓」「太陽とバラ」「赤線地帯」「駅前シリーズ」、テレビ「となりの芝生」「大家族」「花へんろ」、舞台「〓東綺譚」「喜和」など多数。文筆もよくし、「私の浅草」「貝のうた」「わたしの三面鏡」「わたしの台所」などがある。平成元年女優業を引退し、以後、執筆に専念した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

沢村 貞子
サワムラ サダコ*


職業
女優 随筆家

本名
大橋 貞子(オオハシ テイコ)

旧名・旧姓
加藤

生年月日
明治41年 11月11日

出生地
東京市 浅草区猿若町(東京都台東区)

学歴
日本女子大学〔昭和4年〕中退

経歴
在学中に新築地劇団に入り、左翼思想に傾倒して啓蒙活動を続け、治安維持法違反で逮捕される。昭和9年日活に入り、「野の光」でデビュー。のち東宝を経てフリー。数多くの映画、テレビに出演し、特に脇役として多くの名演技を見せた。代表作は映画「破れ太鼓」「太陽とバラ」「赤線地帯」「駅前シリーズ」、テレビ「となりの芝生」「大家族」「花へんろ」、舞台「濹東綺譚」「喜和」など多数。文筆もよくし、「私の浅草」「貝のうた」「わたしの三面鏡」「わたしの台所」などがある。平成元年女優業を引退、横須賀市に転居して文筆に専念した。

受賞
日本エッセイストクラブ賞(第25回)〔昭和52年〕「私の浅草」,NHK放送文化賞〔昭和55年〕,日本アカデミー賞会長特別賞(第20回 平8年度)〔平成9年〕 毎日映画コンクール助演女優賞(第11回・昭31年度)「赤線地帯」他

没年月日
平成8年 8月16日 (1996年)

家族
夫=大橋 恭彦(映画・演劇評論家),父=加藤 伝九郎(=竹柴伝蔵 狂言作者),姉=矢島 せい子(障害者運動家),兄=沢村 国太郎(俳優),弟=加東 大介(俳優)

親族
甥=長門 裕之(俳優),津川 雅彦(俳優),加藤 晴之(オーディオ製作者)

伝記
追悼譜沢村貞子という人沢村貞子という人葬送譜(おくるうた)鵜の目鷹の目佐高の目〈3〉晩節を生きる―老いの愉しみ方元気のでてくることばたち!浅草のおんな冬の薔薇東京の雑木林浅草のひと―久保田万太郎から渥美清までわたしのおせっかい談義エッセイにし・ひがし小さい山と椿の花わたしの脇役人生私の転機―道を拓く 佐高 信 著山崎 洋子 著山崎 洋子 著佐高 信 著佐高 信 著汲田 克夫 著村上 信夫 著鈴木 としお 著秋山 ちえ子 著矢口 純 著鈴木 としお 著沢村 貞子 著出口 敏正 著佐多 稲子 著沢村 貞子 著朝日新聞こころ」のページ 編(発行元 筑摩書房新潮社新潮社岩波書店読売新聞社朱鷺書房近代文芸社冬青社三月書房福武書店東京新聞出版局光文社税務研究会出版局講談社新潮社海竜社 ’08’07’04’00’99’99’99’99’94’91’89’89’87’87’87’86発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢村 貞子の関連情報