コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田 廉三 サワダ レンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

沢田 廉三
サワダ レンゾウ

大正・昭和期の外交官 国連大使(初代)。



生年
明治21(1888)年10月17日

没年
昭和45(1970)年12月8日

出生地
鳥取県

学歴〔年〕
東京帝大法科大学仏法科〔大正3年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和39年〕

経歴
大正3年外務省に入り、電信課長、在英大使館一等書記官、在フランス大使館参事官、在ニューヨーク総領事を経て、昭和11年満州国参事官。13年近衛文麿内閣の外務次官、14年駐フランス大使、18年初代駐ビルマ大使、19年小磯国昭内閣で再び次官。戦後公職追放、解除後の28年国連大使となり、国連加盟、日ソ国交回復予備交渉などに尽力した。30年外務省顧問、33年第4、第5次日韓会談首席代表もつとめた。著書に「凱旋門広場」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢田 廉三の関連情報