コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田 節蔵 サワダ セツゾウ

20世紀日本人名事典の解説

沢田 節蔵
サワダ セツゾウ

明治〜昭和期の外交官



生年
明治17(1884)年9月9日

没年
昭和51(1976)年7月4日

出生地
鳥取県岩美町

学歴〔年〕
東京帝大法学部〔明治42年〕卒

経歴
明治42年外務省に入り、電信課長、文書課長、英大使館書記官、米大使館参事官・ニューヨーク総領事を経て、昭和5年国際連盟日本事務局長、9〜13年ブラジル大使となり14年退官。この間、ブラジルでの排日機運の緩和及び経済協力に尽力。太平洋戦争中は鈴木貫太郎内閣の顧問を務めた。戦後24年東京外国語大学長となり、29年ユネスコ総会日本代表を務めた。その後日本文化放送協会長、日伯中央協会長、世界経済調査会長、日赤顧問などを歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

沢田 節蔵の関連キーワード沢田廉三外交官

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android