河内長野[市](読み)かわちながの

百科事典マイペディアの解説

河内長野[市]【かわちながの】

大阪府南部の市。1954年市制大部分和泉山脈金剛山地の北斜面。北部の大和川の支流石川の流域に古来東・西高野街道の合する要地であった中心市街があり,近鉄長野線,南海電鉄高野線が通じる。製材鋳物工業が盛んで,つまようじブドウを特産。最近は大阪市のベッドタウン化が進んでいる。山地は金剛生駒紀泉国定公園に属し,金剛山へのハイキングコースもあり,観心寺金剛寺のほか千早赤阪村にかけては南朝の史跡が多い。109.63km2。11万2490人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわちながの【河内長野[市]】

大阪府の南東端に位置する市。1954年長野町と三日市高向たこう),加賀田,天見,川上の5村が合体,市制。人口11万7082(1995)。南の和泉山脈を隔てて和歌山県と接する。市街は大和川の支流石川の河岸段丘上にあり,市域の大部分は山林である。空海が高野山を開いて後,京都からの東高野街道と堺からの西高野街道がここで合する交通の要地となった。高野山への道筋にあることから,真言宗の寺院が建てられ,南北朝時代には金剛寺観心寺などが南朝方の拠点の一つとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android