コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河北門

1件 の用語解説(河北門の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

河北門

国重文の「石川門」、「橋爪門」とあわせて金沢城を代表する「三御門」の一つ。金沢城の実質的な正門にあたる。石川門と同じく、一の門と二の門の二重の門と櫓、石垣に囲まれた真ん中にほぼ正方形の空間がある枡形門。中心となる二の門は高さ12・3メートルの木造2階建て、床面積220平方メートルと石川門の1・2倍の大きさで、城内最大規模となる。1759年の宝暦の大火で焼失した後も、最初に再建。1881(明治14)年ごろに壊されたとされる。

(2007-11-25 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河北門の関連情報