コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河北門

1件 の用語解説(河北門の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

河北門

国重文の「石川門」、「橋爪門」とあわせて金沢城を代表する「三御門」の一つ。金沢城の実質的な正門にあたる。石川門と同じく、一の門と二の門の二重の門と櫓、石垣に囲まれた真ん中にほぼ正方形の空間がある枡形門。中心となる二の門は高さ12・3メートルの木造2階建て、床面積220平方メートルと石川門の1・2倍の大きさで、城内最大規模となる。1759年の宝暦の大火で焼失した後も、最初に再建。1881(明治14)年ごろに壊されたとされる。

(2007-11-25 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河北門の関連キーワード口を合わせる角突き合わせる合せ糸合せて合せ播き犬合せ入り合せ川門詰合せ寄合せる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河北門の関連情報