コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原崎長十郎(2代) かわらさき ちょうじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原崎長十郎(2代) かわらさき-ちょうじゅうろう

1902-1981 大正-昭和時代の歌舞伎役者。
明治35年12月13日生まれ。8代河原崎権之助の子。大正2年2代長十郎を襲名,7年2代市川左団次一座にはいる。村山知義らと心座(こころざ)を結成して新劇運動もおこなう。昭和6年中村翫右衛門(かんえもん)らと前進座を創立。のち前進座をはなれ,晩年には「屈原」や「天平(てんぴょう)の甍(いらか)」を全国で上演。昭和56年9月22日死去。78歳。東京出身。本名は虎之助。俳名は扇杖。屋号は山崎屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河原崎長十郎(2代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android