コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合曽良・河合曾良 かわいそら

大辞林 第三版の解説

かわいそら【河合曽良・河合曾良】

1649~1710) 江戸前・中期の俳人。本名、岩波庄右衛門正字まさたか。通称、惣五郎。信濃国上諏訪生まれ。芭蕉門。「鹿島紀行」「奥の細道」の旅に随行、温厚篤実な性格で芭蕉によく尽くした。著「奥の細道随行日記」、句集「雪まろげ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

河合曽良・河合曾良の関連キーワード奥の細道江戸前芭蕉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android