河合曽良・河合曾良(読み)かわいそら

大辞林 第三版の解説

かわいそら【河合曽良・河合曾良】

1649~1710) 江戸前・中期の俳人。本名、岩波庄右衛門正字まさたか。通称、惣五郎。信濃国上諏訪生まれ。芭蕉門。「鹿島紀行」「奥の細道」の旅に随行、温厚篤実な性格で芭蕉によく尽くした。著「奥の細道随行日記」、句集「雪まろげ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android