コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合曽良・河合曾良 かわいそら

1件 の用語解説(河合曽良・河合曾良の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かわいそら【河合曽良・河合曾良】

1649~1710) 江戸前・中期の俳人。本名、岩波庄右衛門正字まさたか。通称、惣五郎。信濃国上諏訪生まれ。芭蕉門。「鹿島紀行」「奥の細道」の旅に随行、温厚篤実な性格で芭蕉によく尽くした。著「奥の細道随行日記」、句集「雪まろげ」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

河合曽良・河合曾良の関連キーワードチャールズ木下長嘯子チャールズ河合曽良曾良新版歌祭文愛蘭噶爾丹挙白集クロムウェル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone