コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村 幹雄 カワムラ ミキオ

20世紀日本人名事典の解説

河村 幹雄
カワムラ ミキオ

明治〜昭和期の地質学者 九州帝国大学工学部長。



生年
明治19(1886)年6月29日

没年
昭和6(1931)年12月29日

出生地
北海道石狩国札幌区北5条(現・札幌市)

学歴〔年〕
東京帝大理科大学地質学科〔明治44年〕卒

学位〔年〕
理学博士

経歴
明治44年九州帝大工科大学講師、翌年助教授となり、大正5年アメリカへ留学。7年帰国、翌8年同大工学部教授に就任、9年工学部長となる。山口高校教授も兼任した。教育に熱意を注ぎ、昭和5年自宅内に斯道塾を開設した。著書に「愛児の教育と其学校の選択」「日米不戦論」「名も無き民のこころ―河村幹雄博士遺稿」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android