河角 広(読み)カワスミ ヒロシ

  • 河角 広 (かわすみ ひろし)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の地震学者 東京大学名誉教授。



生年
明治37(1904)年7月12日

没年
昭和47(1972)年12月12日

出生地
長野県

学歴〔年〕
東京帝大理学部地震学科〔昭和3年〕

学位〔年〕
理学博士

主な受賞名〔年〕
日本建築学会賞(昭和27年度・論文部門)「我国における地震危険度の分布と耐震設計基準震度の研究」

経歴
昭和3年地震研究所嘱託となり三鷹で地震計などで観測、4年東大理学部講師、助教授を経て19年教授となり、地震研に移り、38年所長。東大退官後、39年東京都防災会議地震部会長となった。この間、25年鎌倉、江戸の古地震を調べ、地震69年同期説を発表、大正12年の関東大震災から数えて昭和66年ごろ大地震の危険があると説いた。また26年には日本各地の地震危険度と最高震度の期待値を描いた河角マップを発表、建築学会賞を受けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1904年7月12日
昭和時代の地震学者。東京大学教授;東京都防災会議地震部会長
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android