河豚・鰒(読み)ふぐ

精選版 日本国語大辞典「河豚・鰒」の解説

ふぐ【河豚・鰒】

〘名〙 (古くは「ふく」)
① フグ目フグ科に属する魚類の総称。種によって海水から淡水まで生息環境は異なる。広義には近縁の科を含めていう。一般に、体は長卵形で太り、鱗(うろこ)はなく柔らかい。口は小さく、突き出ており、四枚になった強い歯をもつ。肉食性。外敵に襲われると食道の一部にある袋をふくらませ、体を大きくふくらませる習性がある。腹びれはなく、背びれは小さい。一般に、肝臓・卵巣など内臓にテトロドトキシンと呼ばれる毒をもち、食べると中毒を起こし、死亡することもある。この毒は海底や海中のバクテリアがつくりだしたものを、食物連鎖を通してとり込み、蓄積するものであることが知られている。肉は無毒で美味なものも多く賞味されるが、中には有毒な種もある。食用にされるものには代表種のトラフグ・マフグナメラフグ)・ショウサイフグなどがある。秋から春にかけて賞味する。かとん。ふくと。ふくとう。ふくべ。こうい。てっぽう。《季・冬》
※出雲風土記(733)島根「凡北海所捕雑物、志毗・(ふぐ)沙魚」 〔本草和名(918頃)〕
② 魚「かまきり(鎌切)」の異名。
③ (①がふくれて醜いところから) ふとった醜い女性。醜婦。また、妊婦をさしてもいった。
※雑俳・冬ぼたん(1730)「魚屋でも娘のは売れかねる」
④ すぐ怒ってふくれる人。
⑤ (あたると死ぬという共通点から) 鉄砲のこと。
※雑俳・柳多留‐五〇(1811)「鰒に当って死んだは定九郎

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android