コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河豚・鰒 ふぐ

1件 の用語解説(河豚・鰒の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ふぐ【河豚・鰒】

〔古くは「ふく」〕
フグ目フグ科の海魚の総称。広義にはハリセンボン科・イトマキフグ科・ハコフグ科などを含む。体は長卵形で丸みを帯びる。ひれが比較的小さく鱗を欠き、鋭い歯はくちばし状。外敵に襲われると腹を著しく膨張させるものもいる。美味だが卵巣や肝臓などにテトロドトキシンという毒をもつものが多い。フグ料理に用いる代表的なものは、トラフグ・マフグ・ショウサイフグなどで、日本近海では約40種が知られる。世界中の温・熱帯海域に分布。カトン。フクベ。フグト。 [季] 冬。 《 -くうて尚生きてゐる汝かな /虚子 》

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone