河辺 青蘭(読み)カワベ セイラン

20世紀日本人名事典の解説

河辺 青蘭
カワベ セイラン

明治期の日本画家



生年
慶応4年1月1日(1868年)

没年
昭和6(1931)年4月19日

出生地
大坂・南堀江

本名
河辺 元子

別名
別号=碧玉,蕉雪盧

経歴
河辺伊右衛門の三女に生まれる。10歳で巽蓼湾に画を学び、のち南宗画・橋本青江に師事し文人画を学ぶ。特に花鳥山水画を好んで描く。東京美術協会に出展の画が英照皇太后買い上げとなり、明治28年明治天皇の広島御幸の際には作画を献上した。第3・4回内国勧業博覧会に出品し褒賞を受け、以後も展覧会で受賞を重ね、女性南画家として活躍。門弟が多く、清娯会、友蘭会、雅静会などを主宰し後輩の育成に努めるなど、野口小蘋と並び東西の巨匠と言われた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android