河辺 正三(読み)カワベ マサカズ

20世紀日本人名事典の解説

河辺 正三
カワベ マサカズ

大正・昭和期の陸軍大将



生年
明治19(1886)年12月5日

没年
昭和40(1965)年3月2日

出身地
富山県砺波市

学歴〔年〕
陸士(第19期)〔明治40年〕卒,陸大〔大正4年〕卒

経歴
第一次大戦中の大正3年スイス駐在、その後参謀本部部員、昭和4年ドイツ大使館付武官。12年蘆溝橋事件当時、支那駐屯歩兵旅団長。第3軍司令官、支那派遣軍総参謀長を経て、18年ビルマ方面軍司令官となり、第15軍の牟田口司令官と共にインパール作戦を行ったが、英印軍の攻勢で作戦は失敗した。責任を問われて司令官解任。20年3月大将、同年4月航空総軍司令官、敗戦後の同年10月第1復員軍司令官となった。22年まで巣鴨拘置所に収容された。河辺虎四郎中将の兄。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

河辺 正三 (かわべ まさかず)

生年月日:1886年12月5日
大正時代;昭和時代の陸軍軍人。大将
1965年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android