河野 国夫(読み)コウノ クニオ

20世紀日本人名事典の解説

河野 国夫
コウノ クニオ

昭和期の舞台・テレビ美術家



生年
大正3(1914)年2月22日

没年
昭和48(1973)年5月20日

出生地
米国・ロサンゼルス

学歴〔年〕
東京高等工芸学校造型科〔昭和10年〕卒

主な受賞名〔年〕
東京都新劇コンクール舞台装置賞(第1回)〔昭和24年〕,毎日演劇賞舞台美術賞(第1回)〔昭和24年〕

経歴
兵役を経て昭和17年東宝演劇部設計課に入り、舞台美術を手がけた。33年日本テレビ美術部にデザイナーで入り、テレビ美術にも貢献。代表作に「罪と罰」「ハムレット」「かもめ」「アンネの日記」(新劇)、「山鳩」「ビルマ竪琴」(新国劇)、「思い出を売る男」(NTV劇場)、「ジゼル」(NTV・バレエへの招待)など。著書に「舞台装置の仕事」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android