河野古亮

美術人名辞典の解説

河野古亮

臨済宗の僧。南禅寺派管長。愛知県生。字は霧海、号は南針軒・僊壷庵等。正眼寺の泰龍文彙に参じ、のち虎渓山僧堂の豊田毒湛印可を受ける。南禅寺僧堂師家に任じられ、南禅寺塔頭帰雲院の住職となる。昭和10年(1935)寂、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android