コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通久(1) こうの みちひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通久(1) こうの-みちひさ

?-? 鎌倉時代の武将。
河野通信(みちのぶ)の子。母は北条時政(ときまさ)の娘。承久(じょうきゅう)の乱(1221)に際し,北条氏との縁で幕府方に属してたたかう。乱後,その功により伊予(いよ)(愛媛県)久米郡石井郷の地頭職(じとうしき)をあたえられる。朝廷方についた父や一族は壊滅したが,通久が伊予河野家を存続させた。通称は九郎左衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野通久(1)の関連キーワード河野通信鎌倉時代