河野通久(2)(読み)こうの みちひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通久(2) こうの-みちひさ

?-1435 室町時代の武将。
河野通義の子。応永16年(1409)叔父河野通之から家督をつぎ,のち伊予(いよ)(愛媛県)守護となる。九州で大内持世(もちよ)と大友持直とが対立したとき,幕府に持世支援を命じられ,永享7年豊後(ぶんご)(大分県)に遠征,同年6月29日戦死。初名は持通。通称は犬正丸,四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android