コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油津地区のオキナワキノボリトカゲ

1件 の用語解説(油津地区のオキナワキノボリトカゲの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

油津地区のオキナワキノボリトカゲ

研究者らによると、最大で全長約20センチ、寿命は2~3年。4~10月に活動し、木を登り下りしながら待ち伏せしてエサを取る。アリ、クモのほか、カマキリ、セミも食べ、「バッタを1日4匹食べた」という報告も。越冬しているようだが、どこでどうしているかは不明。

(2012-04-17 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

油津地区のオキナワキノボリトカゲの関連キーワードムクドリ黒鯛御椀水母金戸大杓鷸鶴擬今城塚古墳カザリドリ(飾鳥)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone