治五右衛門(3代)(読み)じごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

治五右衛門(3代) じごえもん

1618-1699 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
元和(げんな)4年生まれ。塗師屋(ぬしや)又兵衛の孫。2代治五右衛門から漆絵,密陀絵法を伝授され,家伝の髹漆(きゅうしつ)法とあわせて,白漆蒔絵を創出し,城端(じょうはな)蒔絵の名をたかめた。その作品は加賀金沢藩主前田綱紀の「百工比照」におさめられた。元禄(げんろく)12年1月5日死去。82歳。越中(富山県)出身。姓は佐々木。名は信好。通称は別に徳左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android