治五右衛門(7代)(読み)じごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

治五右衛門(7代) じごえもん

1729-1805 江戸時代中期-後期の蒔絵(まきえ)師。
享保(きょうほう)14年生まれ。母方の叔父6代小原治五右衛門の養子となり,7代をつぐ。金沢藩の御用をつとめ,白蒔絵法による和風様式を完成させ,城端(じょうはな)蒔絵の隆盛期をきずく。余技として雛人形もつくり,俳諧(はいかい)にもすぐれた。文化2年9月13日死去。77歳。越中(富山県)出身。本姓は斎藤。名は林好(しげよし)。号は菊斉稀雄(きゆう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android