コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治五右衛門(9代) じごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

治五右衛門(9代) じごえもん

1787-1859 江戸時代後期の蒔絵(まきえ)師。
天明7年5月24日生まれ。7代治五右衛門の4男。髹漆(きゅうしつ)の技にすぐれ,大胆な意匠を得意とした。鯰(なまず)の蒔絵「彩漆鯰模様手付盃盆」で有名。安政6年10月14日死去。73歳。越中(富山県)出身。姓は小原。名は房好(ふさよし)。号は雄蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

治五右衛門(9代)の関連キーワード寛政の改革ビラフランカの和議余計者光の科学史寛政改革フェデラリスツセシーユ桂川甫粲緑色岩森羅万象

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android