コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼津城

1件 の用語解説(沼津城の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

沼津城

もともとは戦国時代武田勝頼の家臣が築城した三枚橋城。城主が執と代わり、江戸時代初期の城主・大久保忠佐に跡継ぎがなく、断絶で廃城となった。江戸中期になり沼津藩主・水野忠友が三枚橋城跡に沼津城を築城。明治時代には沼津兵学校で使われた。市は1995年の発掘調査後、城石を保存。「築山」で利用するのは江戸初期のものだという。

(2014-06-27 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沼津城の関連キーワード武田家臣団安藤基能岡本実貞小宮山友晴三枝虎吉武田勝三武田勝頼妻土屋昌恒理慶尼

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沼津城の関連情報