コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉[村] いずみ

世界大百科事典 第2版の解説

いずみ【泉[村]】

熊本県中東部,八代郡の村。人口2952(1995)。東は宮崎県に接する。村全体が九州山地に属し,山林が総面積の98%に達する。村の東部は五家荘中心地で,全国でも有数の秘境であり,平家落人が隠棲した地として知られる。農林業が主体で,特産の茶を中心にエノキタケシイタケなどの栽培も盛んで,良材の産地でもある。古くから山地の斜面ではソバやヒエ焼畑農業が行われてきたが,現在はほとんどみられない。平家の落人の創作といわれる久連子古代踊が年3回踊られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

泉[村]の関連キーワード釜石(市)カルフールシカゴ・オヘア国際空港ボイオティア大村市の要覧川崎市の要覧日南町の要覧米原市の要覧

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泉[村]の関連情報