泉佐野[市](読み)いずみさの

百科事典マイペディアの解説

泉佐野[市]【いずみさの】

大阪府南部の市。1948年市制。北半は大阪平野,南半は和泉山脈の北斜面で,大阪湾に臨み中心市街が発達。近世には漁業基地として栄え,綿作も盛んであった。泉州紡織工業地帯の一中心でタオル生産地として知られ,綿布,メリヤス,付帯工業のシャットル,木管のほか,ワイヤロープ,自転車のスポークを多産。遠洋漁業基地と水産加工施設をもつ水産コンビナートがある。溜池灌漑(ためいけかんがい)による米と裏作のタマネギ栽培も盛ん。阪和線,南海電鉄本線,阪神高速湾岸線,阪和自動車道が通じる。1994年沖合に関西国際空港が開港,大阪りんくうタウンが建設された。56.51km2。10万801人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いずみさの【泉佐野[市]】

大阪府南西部の市。佐野町が1948年市制,改称。人口9万2583(1995)。犬鳴山のある和泉山脈から北へ丘陵が連なり,大阪湾岸には海岸平野が広がる。中世には熊野街道に沿って市場町が成立し,九条家領日根荘が経営されたが,江戸時代には綿作,サトウキビ栽培とともに水産業が盛んとなり,沿岸のイワシ漁業や九州・関東方面への出漁の基地であった。佐野には水産物集散と関連して海運業が発達し,豪商廻船問屋が活躍した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の泉佐野[市]の言及

【佐野】より

…大阪府泉佐野市南西部の旧名。和泉国日根郡に属し,平安時代末期に佐野荘が立荘され,近世には佐野村となった。…

※「泉佐野[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android