泉 重千代(読み)イズミ シゲチヨ

20世紀日本人名事典の解説

泉 重千代
イズミ シゲチヨ

昭和期の長寿者 長寿世界一(120歳)。



生年
慶応1年6月29日(1865年)

没年
昭和61(1986)年2月21日

出生地
鹿児島県大島郡伊仙町

経歴
生後間もなく両親を失い、明治5年に戸籍法が制定されたときは7歳で、祖父の養子として記載。農業や黒糖の運搬業などをし、39歳で結婚、1男1女をもうけたがともに若くしてなくした。昭和31年に妻を、53年に養女を失ってからは養子の泉昭彦、順江夫妻が身の回りを世話していた。51年には長寿日本一に、54年にはギネスブックが世界一と認定。家庭的には恵まれた一生とはいえなかったが、のびのび天寿を全うした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

泉 重千代 (いずみ しげちよ)

生年月日:1865年6月29日
鹿児島県徳之島出身の世界最長寿の人物(当時)
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android