コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法人税率の引き下げ

1件 の用語解説(法人税率の引き下げの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

法人税率の引き下げ

日本の国税・地方税を合わせた法人税の「実効税率」は30%台半ばで、20%台半ばの中国や韓国より高い。これが、国内外の企業が日本国内に工場を建てたり、オフィスを構えたりするための投資を妨げる「壁」になっているとして、安倍晋三首相が税率引き下げに意欲を示してきた。政府・与党は、税率を来年度から段階的に、20%台まで引き下げる方針だ。税率を1%幅下げると税収は4700億円減り、穴埋めしなければ財政再建が遠のく。

(2014-06-12 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法人税率の引き下げの関連キーワード国税住民税公租税源移譲地方税法個人住民税法人住民税地方交付税の法定率たばこの税金地方税の割合は減少傾向

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法人税率の引き下げの関連情報