コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法灯・法燈 ほうとう

大辞林 第三版の解説

ほうとう【法灯・法燈】

釈迦の教えを闇を照らす灯火にたとえていう語。のりのともしび。
仏前の灯火。灯明とうみよう
高徳の僧。一宗を代表するような高僧。 「能書・学匠・弁説人にすぐれて宗の-なれば/徒然 60

ほっとう【法灯・法燈】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

法灯・法燈の関連キーワードほうとう法灯学匠弁説灯火

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android