コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法然上人 ほうねんしょうにん

1件 の用語解説(法然上人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

法然上人

平安末期・鎌倉前期の僧。浄土宗の開祖。美作国生。諱は源空、法然は房号。のちに黒谷上人ともいわれた。謚号は円光大師・明照大師。比叡山で天台教学を学び、のち黒谷の叡空に師事。善導の『観経疏』に影響を受け、浄土宗開立を決意する。武士・庶民ばかりでなく九条兼実ら貴族も帰依した。讃岐に配流されたが、のち許され帰洛、翌年建暦2年(1212)寂、80才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法然上人の関連情報