コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法然上人 ほうねんしょうにん

美術人名辞典の解説

法然上人

平安末期・鎌倉前期の僧。浄土宗開祖。美作国生。諱は源空法然は房号。のちに黒谷上人ともいわれた。謚号は円光大師・明照大師比叡山で天台教学を学び、のち黒谷の叡空に師事。善導の『観経疏』に影響を受け、浄土宗開立を決意する。武士・庶民ばかりでなく九条兼実ら貴族も帰依した。讃岐に配流されたが、のち許され帰洛、翌年建暦2年(1212)寂、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

法然上人の関連キーワードハーバー・ハヴロク コーツ広島県尾道市瀬戸田町御寺三重県多気郡多気町丹生茨城県那珂市瓜連念仏ひじり三国志法然上人伝絵法然上人絵伝井川 定慶漆間 徳定拾遺古徳伝川合 梁定土佐吉光親鸞聖人土佐邦隆漆間徳定冷泉為恭真野正順岡田為恭川合梁定大原問答

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法然上人の関連情報