コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法相の指揮権

1件 の用語解説(法相の指揮権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

法相の指揮権

検察庁法14条で定められた権限。法相は個別の事件の取り調べや処分について「検事総長のみを指揮できる」としている。検察の暴走に歯止めをかけつつ、政治家による捜査現場への不当な介入を防ぐ目的で設けられている。1954年の造船疑獄事件で、当時の犬養健法相が、自由党佐藤栄作幹事長の逮捕に「待った」をかけたことを批判され、辞任に追い込まれた。

(2012-06-05 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法相の指揮権の関連キーワード検察庁検事正検事長職務権限高等検察庁最高検察庁地方検察庁区検察庁検察庁法事件事務規定

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法相の指揮権の関連情報