コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法蓮(2) ほうれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法蓮(2) ほうれん

仏教説話上の僧。
法相(ほっそう)宗。「法華験記(ほっけげんき)」によると,大和(奈良県)興福寺の僧で,故郷の陸奥(むつ)にかえって,もと元興(がんごう)寺の僧光勝と法華経金光明経の優劣を稲作の出来によってきそい,法蓮の法華経がまさったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android