コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法螺貝・吹螺・梭尾貝(読み)ほらがい

大辞林 第三版の解説

ほらがい【法螺貝・吹螺・梭尾貝】

海産の巻貝。貝殻が大きく、殻高約40センチメートル、紡錘形で殻口が大きい。殻表はほぼ平滑で、淡黄褐色の地に暗褐色の斑が多数散在する。肉は食用。紀伊半島以南に分布。ほら。ほらのかい。琉球法螺。陣貝。
の殻頂を切って歌口をつけ、吹き鳴らすようにしたもの。軍陣で進退の合図に用い、また山伏が法具として吹いた。法螺。ほらのかい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android