コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法被・半被 はっぴ

大辞林 第三版の解説

はっぴ【法被・半被】

長着の上に羽織る、膝丈または腰丈の衣服。広袖で、袖付けより袖口の広がったものもある。襠まちも襟の折り返しもなく、胸にひもが付く。江戸時代、武家の中間ちゆうげんから大家の下僕・職人などが主家の紋や屋号を染め抜いたものを着たのに始まる。現在は職人などが用いる。
能装束の一。広袖で、胸ひものない上衣。金襴きんらんや錦を用いる。甲冑かつちゆう姿の武将・天狗・鬼畜類の扮装に、袴と共に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

法被・半被の関連キーワード能装束袖付け長着腰丈広袖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android