コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法被・半被(読み)はっぴ

大辞林 第三版の解説

はっぴ【法被・半被】

長着の上に羽織る、膝丈または腰丈の衣服。広袖で、袖付けより袖口の広がったものもある。襠まちも襟の折り返しもなく、胸にひもが付く。江戸時代、武家の中間ちゆうげんから大家の下僕・職人などが主家の紋や屋号を染め抜いたものを着たのに始まる。現在は職人などが用いる。
能装束の一。広袖で、胸ひものない上衣。金襴きんらんや錦を用いる。甲冑かつちゆう姿の武将・天狗・鬼畜類の扮装に、袴と共に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android