法隆寺金堂の火災

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

法隆寺金堂の火災

金堂は1934年に大修理に入り、40年に当代一流の画家による壁画模写が始まったが、49年1月26日早朝に炎上火元として模写で使われた電気座布団などの説が浮上したが、真相はわからなかった。火災が起きた1月26日は55年、文化財防火デーと定められ、以来、全国の社寺などで防火訓練が実施されている。

(2015-11-12 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android