コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泡瀬干潟の埋め立て事業

1件 の用語解説(泡瀬干潟の埋め立て事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

泡瀬干潟の埋め立て事業

泡瀬干潟(265ヘクタール)の一部(49ヘクタール)を含む96ヘクタールを埋め立てリゾート地を造る計画。沖縄市が、1987年に計画。02年に国主導での埋め立てが始まったが、民主党政権交代前の「沖縄ビジョン」(08年)で事業の見直しを主張。反対派住民らが事業への公費支出差し止めを求めた訴訟では、一審(08年)、二審(昨年10月)ともに支出差し止めが命じられ、判決が確定した。県と市は、経済的合理性のある新たな開発計画を市が立案した上で事業を継続する方針を打ち出していた。

(2010-08-04 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泡瀬干潟の埋め立て事業の関連キーワードヘクタールセラミックターボアイランドシティ(人工島)マリンポートかごしま大阪市の未利用地人工林と間伐みなとみらい21地区泡瀬干潟泡瀬干潟訴訟と高裁那覇支部判決海上の森

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone