コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波動歯車装置

1件 の用語解説(波動歯車装置の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

波動歯車装置

同じ軸を持つ3重の基本部品から成る。真ん中に挟まれる薄い合金の歯車が、楕円(だえん)にたわむのがミソ(写真の陰の部分=ハ社提極。常識を覆す発想により、内側の歯車を1回転させると、外側の歯車が100分の2だけ進み、正確な減速と大きなトルク(力)を取り出せる。小型軽量の特長を生かし、ホンダ二足歩行ロボット「アシモ」の関節部、ハワイ赤外線望遠鏡すばる」の鏡面保持、米航空宇宙局火星探査車の車軸や腕にも使われている。多種少量生産で、受注のほとんどは1個から十数個。工場に生産ラインは見当たらず、熟練した技能工が1個1個を手作業作り上げる。1個数万円する。

(2010-04-22 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

波動歯車装置の関連キーワード三原色太鼓を持つ真ん丸真ん丸い真ん真ん中座を持つ層位学の基本法則地質学の基本原理イベール:物語/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone