波多野 爽波(読み)ハタノ ソウハ

20世紀日本人名事典の解説

波多野 爽波
ハタノ ソウハ

昭和・平成期の俳人 「青」主宰。



生年
大正12(1923)年1月21日

没年
平成3(1991)年10月18日

出生地
東京

本名
波多野 敬栄(ハタノ ヨシヒデ)

学歴〔年〕
京都帝大経済学部〔昭和22年〕卒

経歴
昭和23年三和銀行に入行、41年芦屋支店長、44年四条大宮支店長、45年徳島支店長、49年経営相談所長を歴任して、52年藤沢薬品工業に転じ、監査役となる。58年退任。また、学習院中等科より高浜虚子に師事して、21年「木兎」創刊に参加。24年「ホトトギス」同人となり、28年より俳誌「青」を主宰。33年福田蓼汀、橋本鶏二野見山朱鳥と四誌連合会を結成。句集に「舗道の花」「湯呑」「骰子」「一筆」、「波多野爽波全集」(全3巻 邑書林)など。元華族の出身。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

波多野 爽波 (はたの そうは)

生年月日:1923年1月21日
昭和時代;平成時代の俳人;実業家。「青」主宰;藤沢薬品工業監査役
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

波多野 爽波の関連情報