コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波多野晋平

1件 の用語解説(波多野晋平の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

波多野晋平

俳人。山口県生。酒井黙禅に師事し、『ホトトギス』に投句を始める。昭和7年伊予商運設立、31年まで重役を歴任。その間松山にある虚子の祖先の墓地の管理を託され、虚子の信頼は厚かった。20年『ホトトギス』同人、23年黙然から『柿』を継承主宰。句集に『初凪』がある。昭和40年(1965)歿、55才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

波多野晋平の関連キーワード酒井田柿右衛門(十四代)富岡のぼる田総百山中田余瓶西山泊雲山口花笠岡田耿陽兼崎地橙孫巌島虹石沢野文臣

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone