波銭・浪銭(読み)なみせん

大辞林 第三版の解説

なみせん【波銭・浪銭】

江戸時代の銭貨のうち裏面に波の模様がある四文銭。寛永通宝(真鍮銭と鉄銭)・文久永宝の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なみ‐せん【波銭・浪銭】

〘名〙 江戸時代発行の銭貨で裏面に波紋のある寛永通宝四文銭(真鍮・)および文久永宝銭()のこと。寛永の波銭は明和五年(一七六八)に二十一波紋のものが作られ、翌年から十一波紋に変えられた。二十一波のものは十一波のものよりやや少なく、世人から珍重された。鉄の四文銭は万延元年(一八六〇)から、文久銭は文久三年(一八六三)から発行され、同じ銅の四文通用のものであるがやや小型になっている。波真鍮。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android