コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣き寝 なきね

大辞林 第三版の解説

なきね【泣き寝】

( 名 ) スル
泣きながら眠ること。泣き寝入り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

泣き寝の関連キーワード原発事故の賠償手続き消費者安全調査委員会泣き寝入り・泣寝入りSTOP痴漢バッジ原発事故の賠償制度消費者団体訴訟制度犯罪被害者補償制度消費者ホットライン金融商品販売法預金者保護法5年ルール御礼参り泣寝入り榎美沙子過労死プシケ泣寝発禁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泣き寝の関連情報