泥入り間に合い(読み)どろいりまにあい

大辞林 第三版の解説

どろいりまにあい【泥入り間に合い】

江戸時代、摂津国名塩なじおで同地特産の粘土を混和してつくられた間に合い紙。筆ざわりが良く、屛風びようぶや襖ふすまなどのほか、薄いものは箔打ちの紙やキリシタン版の用紙にも用いられた。泥入り鳥の子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android