コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥入り間に合い どろいりまにあい

大辞林 第三版の解説

どろいりまにあい【泥入り間に合い】

江戸時代、摂津国名塩なじおで同地特産の粘土を混和してつくられた間に合い紙。筆ざわりが良く、屛風びようぶや襖ふすまなどのほか、薄いものは箔打ちの紙やキリシタン版の用紙にも用いられた。泥入り鳥の子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

泥入り間に合いの関連キーワード泥入り鳥の子キリシタン版箔打ち

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android