注ぐ・灌ぐ・潅ぐ(読み)そそぐ

大辞林 第三版の解説

そそぐ【注ぐ・灌ぐ・潅ぐ】

( 動五[四] ) 〔室町頃まで「そそく」と清音〕
(自動詞)
水が流れ込む。 「東京湾に-・ぐ川」
雨・雪などが降りかかる。 「竹の葉に-・ぐ雨」
(他動詞)
液体を容器などに流し込む。 「田に水を-・ぐ」 「椀わんに汁を-・ぐ」
上からふりかける。 「甘茶を-・ぐ」 「降り-・ぐ光」 「痛き傷には辛塩を-・くちふがごとく/万葉集 897
(涙を)流す。おとす。 「花にも涙を-・ぐ」
心・力などをそのほうに向ける。集中する。 「愛情を-・ぐ」 「完成に力を-・ぐ」 「全員の視線が-・がれる」 「心血を-・ぐ」
[可能] そそげる
[慣用] 朱を- ・ 火に油を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android