コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注ぐ・灌ぐ・潅ぐ そそぐ

大辞林 第三版の解説

そそぐ【注ぐ・灌ぐ・潅ぐ】

( 動五[四] ) 〔室町頃まで「そそく」と清音〕
(自動詞)
水が流れ込む。 「東京湾に-・ぐ川」
雨・雪などが降りかかる。 「竹の葉に-・ぐ雨」
(他動詞)
液体を容器などに流し込む。 「田に水を-・ぐ」 「椀わんに汁を-・ぐ」
上からふりかける。 「甘茶を-・ぐ」 「降り-・ぐ光」 「痛き傷には辛塩を-・くちふがごとく/万葉集 897
(涙を)流す。おとす。 「花にも涙を-・ぐ」
心・力などをそのほうに向ける。集中する。 「愛情を-・ぐ」 「完成に力を-・ぐ」 「全員の視線が-・がれる」 「心血を-・ぐ」
[可能] そそげる
[慣用] 朱を- ・火に油を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

注ぐ・灌ぐ・潅ぐの関連キーワード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android